WordPressのバージョンアップをする!その前にする事は?【WordPressのバックアップ編2 phpMyAdminツールの使い方】

50代でも初心者でも大丈夫!自宅で月10万ネット収入計画

WordPressのバージョンアップをする!その前にする事は?【WordPressのバックアップ編2 phpMyAdminツールの使い方】

読了までの目安時間:約 4分

 

前回は、WorPressのサイトのバックアップをする方法をお伝えしました。

前回の記事はコチラからどうぞ。  

 

今回は、2.データベースのバックアップ方法です。

 

データベースとは、記事やコメントなどの文章データです。

  これらをバックアップするには、「phpMyAdmin」というサーバー管理ツールを使用します。

  自分が契約しているサーバーにMySQL機能のあれば標準でインストールされています。  

 

さぁ~はじめましょう!!  

 

データベースのログイン情報が解らない場合は?

そのためにはデータベースのユーザー名やパスワードが必要になります。

  あれ?データベースのユーザー名?パスワード??と悩む方もいると思います。

私もちょっとあせりました~。

 

  でも、安心してください!

 

自分で簡単に調べられるのです。  

実は、前回サイトのバックアップをしましたがその中にWordPressの設定ファイルに書いてあるのでーす。  

バックアップしたフォルダを開いて、「wp-config.php」というファイルを探しましよう!

 

  ここで、注意はメモ帳のソフトで開かない事!!

 

  なぜなら、メモ帳のソフトはphpファイルで書かれている文字データの形式に対応していないのです。  

なので私はそれらの形式に対応しているテキストエディタソフトのTeraPadで開くことをオススメします。

 

TeraPadで「wp-config.php」を開いて、下記の4つの部分をメモしておきましょう。

 

 

php2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※TeraPadに関しての記事はコチラも参考にどうぞ~!

 

 

phpMyAdminを使用してデータベースをバックアップ!

これからは、さくらサーバーで説明していきます。  

 

sakuradetabase1

 

 

  sakuradetabase2  

 

 

 ログイン画面が出て来ますので、

ユーザー名、パスワード、サ―バーの選択ところを先程のメモを見ながら入力し、実行ボタンをクリックします。

 

   3-1    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ログインできたら、左側にある自分のWordPressのデータベースを選択します。

    sakuradetabase3         

 

 

 

 

エクスポートのボタンをクリックします。  

sakuradetabase4

 

 

エクスポートの画面です。基本的に「SQL形式」でテーブルを「全部保存」します。

 

   sakuradetabase6  

 

 

今度は、画面右側の「オプション」の設定をします。 下の図のように、チェックを入れましょう!  

 

 

 

     sakuradetabase8    

 

 

サイトのバックアップフォルダに一緒に保存しておくとわかりやすいですね!

これでようやくWordPressのバージョンアップができますネ!    

バージョンアップの手順は前回の記事を参考にどうぞ~~!  

 

 

WordPress レンタルサーバー 便利ツール    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 日向 より:

    ikuraさん

    こんにちは、日向です。

    私もさくらサーバーを使っているので
    とても参考になりました。

    BackWPupでドロップBOXにバックアップして
    いますが、こちらの方法でもバックアップ
    しておく方が安心ですね。

    それと以前私が作ったテラパッドの無料レポートの
    紹介もしていただきありがとうございました。

    今後ともよろしくお願いいたします。

  2. ikura ikura より:

    日向さん、コメントありがとうございます!

    さくらサーバー仲間ですネ!
    仲間がいるとなにかと心強いです。

    テラパッドのレポート、ときどき確認させていただいています。

    こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: